簡単な風俗の使い方

楽しむタイミングだから楽しむんですよ

風俗って自分の好きな時に楽しめば良いんです。別に月に一度必ず遊ばなければならないとか、定期的に遊ばないと会員資格が損なわれるとかもないんです。遊びたいなって思ったタイミングで遊べばそれで十分なんじゃないかなって。だから個人的に思うのは風俗ってすべての面で男の自由なんじゃないかなって。男にとって自由にいろんなことを楽しめるのは、別に「風俗で遊ぶかどうか」という点だけじゃなくて、どの女の子にするのかも含めてですね。誰にするのかや、どのジャンルにするのか。すべて自分の好きなタイミングで遊べばよいんですよ。ちなみに自分が一番好きなのは人妻巨乳風俗嬢です。言葉だけでフェロモンが出ていると思いませんか?(笑)人妻が優しいのは間違いないんですけど、巨乳だとそこにフェロモンまで加わるので、とでもない破壊力になるんですよ。だから人妻と楽しむのであれば巨乳にしておいた方が良いんじゃないかなと言うのが自分の見解なんです。

力むんじゃなく、楽しむんです

ようやく風俗の楽しみ方も分かってきたので、それまでの自分のいけなかった部分も分かってきましたね。それはズバリ、風俗だからってことでかなり力んでいる自分がいたんですよ。まぁせっかくだから力んでしまうっていう心理は分からなくはないというか、少なくとも自分はそう思っていたんです。でもそうじゃないなって。むしろ力むことを目的にするんじゃなくて、楽しもうっていう気持ちを持つこと。これが大切なんですよね。力んでしまうと、結局自分の思っていた通りの展開にならないような気がするんです。でも、楽しもうって思うと、あまり力まないでいいし、その方が女の子との会話もスムーズだし、こちらがどんなことをしたいのかも、会話の中で自然に伝えられるなって。だから風俗では力むことを目的にするのではなくて、あくまでも楽しむことを目的にすれば、結果的には満足度も比例して高まるってことに気付かされたので、それが自分のモットーですね。