簡単な風俗の使い方

やる気がない訳ではない

ホームページの彼女の見ていると、このように言っては失礼では決してやる気のあるタイプの風俗嬢には見えませんでした。顔が可愛いだけに、ブログの更新頻度や内容。さらにはプロフの自分のコメントを見るに、そこまでやる気のあるタイプには見えなかったんです。こういったタイプの風俗嬢はあまり指名しない方が良いだろうと思いつつも、でも顔だけは相当な好みだったのもあって是非とも遊びたいなって気持ちがあったのも事実。たまには失敗しても良いかなという気持ちで彼女を指名したら何と驚きの大正解(笑)確かにホームページからはやる気を感じることは出来ませんでしたけど、彼女が言うにはブログには何を書いてよいのか分からないので結局放置したままになってしまって、放置しているから今度は書くきっかけもなくなってしまったと。実際の彼女は可愛い声もあって、さらには妹みたいな存在感だったのもあって、何気にかなり満足感のある時間を過ごせたんじゃないのかなって。

合図は残業かもしれない

やたらと風俗を楽しみたくなる瞬間があるんです。それは残業した時なんですよ(笑)理屈までは分かりませんけど、残業するととりあえず風俗を楽しみたいって気持ちになるんですよね。細かい理屈までは自分でも良く分かりませんけど、せっかくだからという気持ちが働くのかもしれません。それに、残業すると多少なりとも気分がハイになっているというのはあります。残業が終わった時の解放感や残業そのものの達成感とかいろいろとあるのかもしれないですね。この分析はいずれまた検証しなければですかね(笑)それはともかく、残業した時に風俗を楽しむ率はかなり高いです。時間的な問題がって声もあるかもしれませんけど、デリヘルであれば終電とかもそこまで気にするような問題ではないですよね。終電を過ぎているとしても、デリヘルであればとくに問題なく楽しむことが出来るし、別にお店に行く必要もないですしね。だから残業すると、ついつい楽しみたくなるんですよ。