簡単な風俗の使い方

中洲のソープへ行くのにもやっぱりタイミングがあるなと

やっぱりソープへ行くのにもタイミングがあると思うんですよ。自分がいつも利用するのは中洲のソープなんですが、同じ中洲のソープでも楽しめるタイミングと、そうではないタイミングというか。これは自分の問題と言う意味ですよ(笑)目の前のソープ嬢だけに集中して、快感を楽しめる時もあれば、疲れだったり、あるいは仕事のプレッシャー等のおかげであまり集中出来ない時もあると思うんですよ。どちらが満足感が高いのかなんて言うまでもないですよね。
だから女の子選び以上に、自分のタイミングの問題も大きいんじゃないかなと思うようになりました。むしろこの点はかなり真剣に考えるようになったんですよ。ソープで遊ぶということは、お金も時間も使うってことじゃないですか。それなのに散漫な気持ちでソープ嬢と向き合うのは、満足出来ないだけじゃなくて女の子にも失礼なんじゃないのかなと思うようになったんです。
そうじゃなくて、身も心も中洲のソープそしてソープ嬢に対して真剣に向き合えるようなタイミングで遊ぶ。これが何よりも重要なことなんじゃないのかなって思っています。

魅力に気付いてきたのはソープかも

ソープはハードルの高い風俗かなって思っていたんです。気軽さがないっていうか、他の風俗だったら予約していなくともお店に行っても良いって思っていますけど、ソープに関しては予約していないとお店に行くことさえ憚られるような雰囲気があるなって勝手に思っていたんです(苦笑)
特に自分は風俗はあまり予約をせず、その場の雰囲気で遊ぶことも多いだけに、尚更ソープはちょっとハードルが高いかなって思っていたんですけど、最近はよく中洲のソープで遊ぶようになりました。そして、他の風俗と比べてそこまでハードルが高い訳でもないんだなってことにも気付かされるようになりました。自分が勝手に思っていただけで、実際にはそうでもないってことに気付いたんですよ。別に予約していなくともそれはそれで楽しめるし、そこまで考える必要はないんだなってことに気付かされるようになったんですよね。
だから最近では中洲のソープもまた、選択肢の一つになりつつあるんですよね。